ゴミの分別がリサイクルではない

そもそもリサイクルとはどんな物なのか

大型リサイクルゴミ

一般家庭で出るゴミの種類としては大きく大型と大型リサイクルとリサイクルゴミ、小型ゴミと小型リサイクルゴミになります。
大型リサイクルゴミが一般家庭で処分する時に一番料金がかかってしまいます。

大型指定リサイクルゴミに関してはリサイクル券をもらい、ちゃんとリサイクルゴミとして処分した証明が必要です。
料金としては回収料金だけで2000円~5000位かかります。
運搬も業者に任せますと、10000円はかかってしまうこともあります。

環境問題になるゴミでもありますので、処理の仕方も考えてから購入したほうが、後々困らずにすみそうですね。
買い替えや、買い取りにすれば回収料金がかからない場合もありますので、リサイクル業者を利用しましょう。

小型リサイクルゴミ

小型の一般ゴミには分別しなくてはならないゴミが沢山ありますね。
現在の燃えるゴミと燃えないゴミの回収は袋ごとに料金がかかっています。
地域で料金は変わるのですが、缶や瓶などが混入していなければ大体回収していってしまいますので、面倒くさがってあまり分別しない人も多いようです。

しかし、しっかり分別すると無料で回収してくれるゴミもありますので、有料のゴミ袋の使用を少なくすることが出来ます。

地域で定められている分別方法で無料になっている分別を確認してみましょう。
例えば空き缶やペットボトルやプラスチック容器などは無料で回収してくれます。
そして雑紙も無料なのですが、雑誌や新聞紙などはトイレットペーパーなどの物と交換してくれますので少しお得になります。


この記事をシェアする